カラコンの注意点と危険回避方法

カラコン

カラコンについて

カラコンの注意点と危険回避方法

画像

オシャレ女子に大人気のカラコンですが、大事な目に直接つける、とてもデリケートなものです。
目が痛くなった、光がまぶしくなったなど、きちんと使用方法を守っていないのが原因です。
性質を理解し、正しく使用すれば、安全にオシャレを楽しむことができます。
カラコンはコンタクトレンズと同じです。
眼科医に目のサイズ、コンタクトのサイズをみてもらい、コンタクトをつけてもいい目かどうか、炎症はないか、眼科医に見てもらうことが大切です。
1日使い捨てのカラコンなら、洗浄・ケアは必要ありませんが、数日から半年程度使えるものが多いです。
カラコンは使用すると、目から出る老廃物(主にたんぱく質)などで汚れてしまいますし、アイメイクなどでも汚れてしまいます。
大事な目につけるものですから、汚れたままで使用するのは大変危険です。
使用後は、添付されているケア方法を絶対にするようにして、使用しないときでも専用の保存液とケースにいれて保存してください。